週刊エコノミスト Onlineチャイナウオッチ 中国視窓

チャイナウオッチ 株式担保融資に苦しむ民間 政府救済で進む「国有化」=神宮健

    株価下落で資金調達に苦しむ民間企業が出そうだ
    株価下落で資金調達に苦しむ民間企業が出そうだ

     中国では株価下落で、株式を担保に融資を受けている多くの民間企業が苦境に陥っている。中国政府が救済策を打ち出す中、民間企業の担保株式を国有企業が買い取る動きが出始め、事実上の「国有化」の進展を懸念する声もある。

    ワールドウォッチ

     昨年以降、正規の銀行融資以外のシャドーバンキング(影の銀行)の取り締まりなど金融リスクへの対応策が続き、経済全体の資金の流れが停滞。中国株式市場の代表的な指標である上海総合指数は、米中貿易摩擦の影響も加わって、年初から10月下旬までに2割強も下落した。

     こうした中、市場にくすぶっていたのが「株式担保融資」の問題だ。企業が株式を担保に証券会社や銀行から融資を受けるもので、10月時点の掛け目(担保率)では、担保となる株価の2~3割程度の融資が得られる。

    残り1234文字(全文1575文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット