マーケット・金融グラフの声を聞く

非鉄相場が示す中国停滞の悪影響=市岡繁男

     年初からの東京証券取引所の業種別株価の騰落率をみると、ワースト2位は非鉄株(マイナス34%)である。非鉄業界は典型的な市況産業で、株価はニッケルや銅などの国際価格に振り回されてきた。今年の株価低迷も非鉄価格の急落が主因で、年初からニッケルは10%、銅は13%も落ち込んでいる(図1)。

     非鉄相場が不振なのは中国経済の停滞に起因する。実際、人民元と非鉄の相場は連動しており、18年に入って人民元も大きく下げている。

     中国の実質国内総生産(GDP)は米国に次ぐ世界2位だが、その構成項目である総固定資本形成(設備投資)は2010年以降、米国を抜いて世界最大のウエート(23%)を占めている(図2)。その過程で設備投資に不可欠な非鉄の消費が増大し、中国のシェアはニッケルが53%、銅が50%と軒並み、世界の過半数を超えるに至った。

    残り174文字(全文537文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事