週刊エコノミスト Online

台湾統一地方選 与党・民進党大敗で苦境に立つ蔡英文政権=近藤伸二

    2020年の再選が厳しい状況になりつつある蔡英文総統
    2020年の再選が厳しい状況になりつつある蔡英文総統

     2020年台湾総統選の前哨戦となる統一地方選が11月24日に行われ、与党・民進党が大敗。県市長ポストを半減させ、焦点の南部・高雄市長選でも国民党に敗れ、蔡英文政権への不信任を決定付けた。蔡総統は党主席を引責辞任し、総統選の行方は混沌(こんとん)としてきた。

     統一地方選のうち影響力が大きい22県市長の獲得ポストは、国民党15(現有6)、民進党6(同13)、無所属1(同3)。行政院(内閣)直轄6市(台北、新北、桃園、台中、台南、高雄)でも国民党が3ポストを奪い、2ポストの民進党を上回った。

     今選挙の象徴となったのが、高雄市長選を制した国民党の韓国瑜氏だ。

    残り937文字(全文1216文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月3日号

    勝ち残る 消える 大学16 中小私大の「大量淘汰」前夜 日大7校分の学生が消える ■中根 正義19 米一流大学の財務戦略 世界トップの競争力支える寄付と基金 ■片山 英治20 全国大学再編マップ 「1法人複数大」で統合進む ■木村 誠25 インタビュー 仲谷善雄 立命館大学長「日本語だけでは通用せず [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット