週刊エコノミスト Onlineグローバルマネー

日銀はリフレ派の呪縛を解き、「量的緩和」修正を

    量的緩和の副作用で、金融機関の収益環境が悪化している(Bloomberg)
    量的緩和の副作用で、金融機関の収益環境が悪化している(Bloomberg)

     日銀の黒田東彦総裁は、金融政策が金融機関の経営に与える影響について、懸念を強め始めている。日銀のリフレ派が主張する、金融緩和を続けることで景気が回復すれば、金融機関の収益も改善するという「金融トリクルダウン」理論はすでに破綻しており、黒田総裁の発言が方針転換を意味するなら、歓迎すべきだ。

     しかし、黒田総裁は必要に応じて対応を促すと表明しているものの、何も具体案は示されず、むしろ手詰まり感がにじんでいる。アベノミクスは景気回復による所得増という「経済トリクルダウン」と、「金融トリクルダウン」の二つを過大視していると言わざるを得ない。リフレ派の認識の甘さは批判されるべきで、黒田日銀に残された最善の打開策は、リフレ派の呪縛を解き、「量的緩和」を修正していくことだ。

     リフレ派は、貸し出しの原資としてベースマネーを供給すれば、その信用乗数に沿って貸し出しが増加するは…

    残り722文字(全文1106文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月30・5月7日合併号

    7月施行 使いこなす!相続法&税16 大きく変わる相続のカタチ 自宅贈与は税金にも注意 ■加藤 結花/下桐 実雅子相続法編18 もめる遺言、もめない遺言 自筆証書は「遺留分」の考慮を ■小堀 球美子21 使い込みトラブル 4パターン解説 で対処 ■大神 深雪23 いらない“負”動産 国庫帰属させる相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット