週刊エコノミスト Onlineグローバルマネー

日銀はリフレ派の呪縛を解き、「量的緩和」修正を

    量的緩和の副作用で、金融機関の収益環境が悪化している(Bloomberg)
    量的緩和の副作用で、金融機関の収益環境が悪化している(Bloomberg)

     日銀の黒田東彦総裁は、金融政策が金融機関の経営に与える影響について、懸念を強め始めている。日銀のリフレ派が主張する、金融緩和を続けることで景気が回復すれば、金融機関の収益も改善するという「金融トリクルダウン」理論はすでに破綻しており、黒田総裁の発言が方針転換を意味するなら、歓迎すべきだ。

     しかし、黒田総裁は必要に応じて対応を促すと表明しているものの、何も具体案は示されず、むしろ手詰まり感がにじんでいる。アベノミクスは景気回復による所得増という「経済トリクルダウン」と、「金融トリクルダウン」の二つを過大視していると言わざるを得ない。リフレ派の認識の甘さは批判されるべきで、黒田日銀に残された最善の打開策は、リフレ派の呪縛を解き、「量的緩和」を修正していくことだ。

     リフレ派は、貸し出しの原資としてベースマネーを供給すれば、その信用乗数に沿って貸し出しが増加するは…

    残り722文字(全文1106文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月26日号

    キャッシュレス徹底活用術20 “戦国時代”さながら乱立 果てしなきサービス競争 ■編集部23 ゼロから分かるQ&A キャッシュレス決済基礎知識 ■編集部/監修=宮居 雅宣25 徹底比較 1 QRコード決済 ペイペイが一気に認知度向上 ■鈴木 淳也28      2 非接触IC型電子マネー ポ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット