経済・企業コンビニ最終決戦

進化続ける「コンビニ食」 高齢者と女性が需要創出=吉岡秀子

    図 セブン-イレブンの商品開発力
    図 セブン-イレブンの商品開発力

     コンビニは刻々と変わる。もはや、若者の店ではない。1日の平均客数が1039人(2018年2月期)に上るセブン─イレブン(以下セブン)の場合、過去15年間で30歳未満の客数構成比は41%から20%へ減少する一方、40歳以上は37%から61%と増加した。来店客の男女比の変化も顕著だ。昔は8対2とも言われていたのが、今は男性52・6%、女性47・4%(17年2月期)と五分五分に近づいている。

     これらを少子高齢化や有職女性の増加といった社会環境の変化だけに要因を求めるのは早計だ。時流に乗れず…

    残り2043文字(全文2288文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月18日号

    税務調査が狙っている20 動き出した「富裕層チーム」 態勢強化で調査件数は大幅増 ■下桐 実雅子22 強化進む国際課税 海外口座情報55万件は国税庁の「宝の山」■高鳥 拓也/田邊 政行26 増税目前の消費税 不正還付へ対応強化 軽減税率で調査も混乱? ■桐山 友一27 「金取引」の抜け穴 不動産投資 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット