経済・企業コンビニ最終決戦

進化するコンビニ ドンキ化に健康・ケア路線にインフラ志向に=黒崎亜弓

    ドン・キホーテの売り場作りを取り入れた共同実験店(東京都立川市、ファミリーマート立川南通り店)
    ドン・キホーテの売り場作りを取り入れた共同実験店(東京都立川市、ファミリーマート立川南通り店)

    ファミリーマート ドンキとコラボ、楽しさ追求

     天井からつり下がる「激辛焼かま」に「お札焼かま」の大きな袋、「イチオシ!」「お買得」などカラフルな丸文字が躍る値札……。コンビニらしからぬ様相のファミリーマート立川南通り店(東京都立川市)は、ドンキホーテホールディングス(HD)との共同実験店だ。

    「ドン・キホーテ」は商品を大量に並べる陳列方法をはじめ、独特の売り場作りで勢いのあるディスカウントチェーン。昨年8月にユニー・ファミリーマートHDとドンキホーテHDが資本・業務提携を結んだことを受け、今年6月、ドン・キホーテのノウハウを取り入れたファミマ3店が都内にオープンした。

     うち立川南通り店では、品数を通常のコンビニの3400点から5000点まで増やし、半分以上をドン・キホーテの商品が占める。店の外も一面、特売のペットボトルやタイツで埋め尽くされ、店内は高めの陳列棚に天井まで電化製品の箱が積まれている。夜11時でも客足は途絶えず、近くに住む20代の男性は「以前は別のコンビニに行っていたが、ここは商品が多くていい」と話した。

    残り2088文字(全文2552文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事