経済・企業コンビニ最終決戦

国内でも「無人レジ」=松崎隆司

    JR東日本が東京・赤羽駅で実証実験中の無人レジ店舗(Bloomberg)
    JR東日本が東京・赤羽駅で実証実験中の無人レジ店舗(Bloomberg)

     未曽有の人手不足に悩む流通業界で大きな注目を集めているのが、客が自らレジで決済するセルフレジだ。イオングループでは2003年11月からセルフレジを一部店舗で投入。ユニクロを運営するファーストリテイリングも系列のカジュアル衣料品店「GU」で同様の取り組みを始めた。

     GUの店舗では昨年4月から設置を始め、全店舗の約半数の195店舗にセルフレジを導入済み。かごをレジに持っていき、来店客が指定の場所に置くと、かごの中の商品の無線タグを読み取る仕組みだ。

     ローソンは、RFID(無線タグ)を使った無人レジを開発、昨年2月、大阪の店舗で実証実験した。今年10月のIT・電子技術の展示会「CEATECジャパン2018」では最新型のシステムを展示し、来場客の注目を集めた。「いずれ業界標準になる」とローソン幹部は意気込む。

    残り1001文字(全文1357文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事