経済・企業コンビニ最終決戦

中国のハイテク店 調理・配膳ロボットや無人コンビニも=浜田健太郎

    「ここは未来のレストラン。注文から厨房(ちゅうぼう)での調理、料理が運ばれるまで全てロボットで完遂できる」──。京東集団で「無人」のレストラン事業を担当する唐思宇氏は、日本と韓国から取材に訪れた記者団に強調した。

     京東が、中国・天津市に11月10日開店したレストラン「未来餐庁」は、人間が調理や給仕をしない。客はテーブルに置かれた二次元コード(QRコード)をスマートフォン(スマホ)で読み取るとメニューが画面に表れて注文ができる。注文を受けロボットが調理して(写真上)、出来上がった料理もロボットがテーブルまで運ぶ(写真下)。

     食材の準備や状況の監視のために厨房に5~6人、来店客の案内のために3~4人の従業員はいるが、いずれ半分くらいに減らすことができるという。40種の料理は全て中国料理。腸詰めをあえた野菜炒めや酢豚などを試食したがとてもおいしい。様子をみて出店ペースを検討するという。

    残り942文字(全文1337文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事