教養・歴史出版業界事情

永江朗の出版業界事情 『出版ニュース』『DAYS JAPAN』休刊へ

     出版ニュース社は旬刊の出版業界誌『出版ニュース』を2019年3月下旬号で休刊する。また、同社が発行してきた『出版年鑑』も18年8月に刊行した2018年版をもって休刊とする。

    『出版ニュース』は戦時統合によってつくられた出版取次、日本出版配給(日配)が発行していた『新刊弘報』がルーツで、1949年に出版ニュース社が引き継いだ。出版や読書に関するデータを網羅的に掲載するだけでなく、さまざまなテーマで議論する場を提供してきた。

     休刊は販売部数の減少だけでなく、清田義昭社長の年齢も理由だという。出版に関するイベント会場でよく姿を見かける清田社長は若々しいが、75歳。続けてほしいと言うのは酷な願いなのかもしれない。

    残り600文字(全文906文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事