教養・歴史出版業界事情

取次大手の物流協業は波乱含み=永江朗

     出版取次大手の日本出版販売(日販)とトーハンは、物流協業に関する検討を開始すると発表した。背景にあるのは物流の危機的な状況である。この20年あまり、新刊の書籍・雑誌の市場は縮小を続ける一方で、コンビニの増加などで輸送コストは増えている。出版輸送から撤退を考えているトラック業者も多い。

     協業とは、たとえばある町に、日販と取引する書店が2店、トーハンと取引する書店が2店あるとすると、これまで両取次それぞれが配送していたのを共同で4店に配送するというもの。ごく単純化すると輸送コストは2分の1になる。

     しかし、それだけだと問題が多い。取次は物流だけでなく、出版社と書店のあいだで納品・返品の決済をおこない、出版や販売に関する情報を出版社・書店に提供する役割も担っている。また、一部の大型書店を除く多くの書店は、取引する取次が1社だけであり、取次は取引先書店の経営状況を細部まで把握している。つまり2大取次による物流協業は、書店に対する取次の支配力を強める可能性がある。

    残り456文字(全文890文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事