教養・歴史出版業界事情

取次大手の物流協業は波乱含み=永江朗

     出版取次大手の日本出版販売(日販)とトーハンは、物流協業に関する検討を開始すると発表した。背景にあるのは物流の危機的な状況である。この20年あまり、新刊の書籍・雑誌の市場は縮小を続ける一方で、コンビニの増加などで輸送コストは増えている。出版輸送から撤退を考えているトラック業者も多い。

     協業とは、たとえばある町に、日販と取引する書店が2店、トーハンと取引する書店が2店あるとすると、これまで両取次それぞれが配送していたのを共同で4店に配送するというもの。ごく単純化すると輸送コストは2分の1になる。

     しかし、それだけだと問題が多い。取次は物流だけでなく、出版社と書店のあいだで納品・返品の決済をおこ…

    残り590文字(全文890文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月2日号

    老後2000万円貯める! おまかせ投資16 高まるアクティブ人気 中小型株は「宝の山」 ■稲留 正英/吉脇 丈志18 投信の「迷信」を斬る! 危うい「インデックス信仰」 “本格志向”投信の選び方 ■中野 晴啓20 開示資料は情報の宝庫 投信と長く付き合うための“五つのP” ■竹川 美奈子22 外国株 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット