教養・歴史出版業界事情

書籍・雑誌に軽減税率を適用すべきではない理由=永江朗

     消費増税まで1年を切ったが、軽減税率やポイント還元をめぐって各方面で議論と混乱が続いている。出版界も例外ではない。

     出版4団体(日本書籍出版協会・日本雑誌協会・日本出版取次協会・日本書店商業組合連合会)は、かねてより書籍・雑誌への軽減税率適用を求めてきた。しかし12月14日に自民・公明両党が発表した与党税制改正大綱では適用の見送りを決定。出版4団体は即日「引き続き軽減税率適用を求める」との声明を出した。

     問題点となったのは、いわゆる「有害図書」の排除をめぐってである。「有害図書」も含めて軽減税率の対象…

    残り648文字(全文902文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット