教養・歴史出版業界事情

書籍・雑誌に軽減税率を適用すべきではない理由=永江朗

     消費増税まで1年を切ったが、軽減税率やポイント還元をめぐって各方面で議論と混乱が続いている。出版界も例外ではない。

     出版4団体(日本書籍出版協会・日本雑誌協会・日本出版取次協会・日本書店商業組合連合会)は、かねてより書籍・雑誌への軽減税率適用を求めてきた。しかし12月14日に自民・公明両党が発表した与党税制改正大綱では適用の見送りを決定。出版4団体は即日「引き続き軽減税率適用を求める」との声明を出した。

     問題点となったのは、いわゆる「有害図書」の排除をめぐってである。「有害図書」も含めて軽減税率の対象とすることに、与党内では反対の声が多い。そこで出版業界は、「有害図書」を軽減税率対象から除外すること、何を「有害図書」とするかは第三者委員会が決めることを提案してきた。だが、この案には問題が2点ある。ひとつは、これだと課税対象と税率を民間団体が決めることになってしまう。それゆえ官僚の反対が強いといわ…

    残り498文字(全文902文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット