教養・歴史出版業界事情

著作権保護期間延長は弊害だらけ=永江朗

     環太平洋パートナーシップ協定(TPP)が2018年12月30日に発効した。これに伴い著作権法が改正されて、死後50年だった著作権保護期間が70年に延長された。しかし、保護期間の延長は作家自身にとって、何ひとついいことがない。なにしろ死後のことだから、著作権使用料を自分で受け取るわけではない。

     また、作家は読む人でもある。保護期間延長によって自由に読める本が制限される。例えばインターネット上の電子図書館「青空文庫」は、保護期間が終了した作品をデジタル化して無料公開しているが、延長によって今後20年は新たな保護期間終了作品が出ないことになる。多くの電子書店では、青空文庫のデータをもとに電子書籍を無料で提供しているが、それにも影響するだろう。また、作家が過去の作品を用いて新たな作品を創作する場合も、制限…

    残り533文字(全文887文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット