教養・歴史書評

コンビニから成人誌が消える=永江朗

     成人向け雑誌が大手コンビニの店頭から姿を消すことになった。1月21日、業界1位のセブン-イレブンと3位のローソンが8月末までに販売をやめることを明らかにすると、翌22日には2位のファミリーマートも追随した。理由としては女性客の増加や訪日外国人の増加などが挙げられている。

     オリンピックが近づくと「浄化」も進むのでは、という声は以前から出版界でささやかれていた。性風俗産業などとともに、取り締まりが厳しくなるという見方だ。それがいよいよ現実のものになった。

    「成人向け雑誌」というとわかりにくいが、要は女性の裸写真を中心としたポルノ誌のことである。ただし出版社が自主規制する成人マーク付きの「表示図書」は、もともと大手コンビニでは扱っていない。各コンビニが成人向けと判断したものがその対象となる。ポルノ誌ではあるが、ソフトな部類に入る。

    残り513文字(全文880文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット