教養・歴史出版業界事情

永江朗の出版業界事情 誕生から80年。新書のしぶとい魅力

     2018年は新書が誕生して80年である。1938年11月20日、岩波書店が岩波新書を創刊した。いまや新書は日本人の読書にとって欠かせないものになっている。ベストセラーも多い。

    「新書」というネーミングは、その11年前に創刊され成功していた岩波文庫を意識してのもの。文庫が評価の定まった古典的な作品を収録した叢書(そうしょ)であるのに対して、新書は当時の現代人が必要とする「新しい」教養の提供を目指した。1冊8万字程度の簡潔な文章で、背広のポケットにも入る造本、50銭という定価は画期的だった。

     岩波文庫は、いまも巻末にある岩波茂雄のマニフェスト「読書子に寄す」を読むとわかるように、当時の出版界を席巻していた円本ブームに対する怒りから生まれた。一方、岩波新書は日中戦争開始以降の社会への危機感から生まれた。岩波茂雄の「岩波新書を刊行するに際して」は、軍部に対して用心深く言葉を選びながら、侵略戦争への批判をにじませたものだった。

    残り470文字(全文884文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事