国際・政治ワールドウオッチ

香港 住宅不足解消へ人工島構想  民主派に反発も=江藤和輝

    開発計画が浮上したランタオ島 Bloomberg
    開発計画が浮上したランタオ島 Bloomberg

     香港の林鄭月娥行政長官が10月に発表した施政方針演説で、土地不足への対策として巨大な人工島建設の構想が盛り込まれ、物議を醸している。

    「明日のランタオビジョン」と銘打ち、10月に開通した港珠澳大橋によって中国・広東省とマカオにつながったランタオ島(香港最大の島)での土地供給やインフラ建設を進め、香港中心部のセントラルに匹敵するビジネスエリアを誕生させるもの。ランタオ島と香港島の間に1700ヘクタールの人工島を建設する計画も含まれる。2025年から埋め立てを開始…

    残り350文字(全文582文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット