国際・政治ワールドウォッチ

イスラエル オマーンに急接近 米国撤退が進むなかで=玉木直季

     イスラエルのネタニヤフ首相が10月25日、事前発表なくオマーンを公式訪問し、カブース国王に謁見した。謁見時間は8時間にも上り、「イスラエルが中東諸国との関係強化を目指す上での重要な一歩」と声明を出した。穏健で全方位外交を得意とするオマーンは、イランと米国を仲介したのが記憶に新しい。3日前には、パレスチナ自治政府のアッバス議長もオマーンでカブース国王と謁見している。イスラエルがオマーンを仲介に自治政府との「対話」を図ったとささやかれる。

     パレスチナ自治政府はヨルダン川西岸を統治しているが、「もう一つのパレスチナ」であるガザ地区を実効支…

    残り293文字(全文563文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月26日号

    為替でわかる世界経済20 ドル・円の膠着生む 米1強とリスクオフ ■大堀 達也22 割安で放置されるドル 進まない円安 ■高島 修24 予想実質金利が示す円高進行 ■内田 稔26 「1ドル=114円」程度まで円安は進む ■佐々木 融28 為替予想で覚えたい プロが重視する5つの指標 ■市川 雅浩  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット