国際・政治ワールドウオッチ

N.Y. アマゾン第2本社の誘致成功で民主党内に火種=冷泉彰彦

     西海岸ワシントン州シアトルに本社を置く米通販大手アマゾン。検討を進めていた第2本社の場所として11月13日、バージニア州アーリントンに加え、ニューヨーク市クイーンズ区にあるロングアイランドシティーの2カ所を決定した、と発表した。ロングアイランドシティーは、ニューヨークで最も開発が活発化している地区で、中心テナントとなり得る存在として、地元は沸いている。

     誘致成功の呼び水となったのは、ニューヨーク州による総額15億ドル(1650億円)に及ぶ巨額の補助金だ。州は2万5000人の雇用創出を条件に、オフィスビル建設の補助以外にも事業所税の減免などを提示。アマゾン側の最終的な決定に作用したと言われている。

    残り293文字(全文595文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット