資源・エネルギー日の丸LNGの挑戦

三菱商事がカナダ西海岸で 三井物産はモザンビークで=佐藤崇之/長友一平

    図2 2016年以降の主なLNG投資決定案件
    図2 2016年以降の主なLNG投資決定案件

     世界のLNG供給能力は、豪州と米国を中心に大幅に拡大し、足元では供給能力が需要を上回っている。一方、2014年以降続いた油価の低迷と、それに連動したガス価格低迷の影響により、近年投資決定に至ったプロジェクトは少ない。

     近年投資決定されたプロジェクトは、16年は国際石油開発帝石(INPEX)や三菱商事などの企業連合によるインドネシアのタングーLNG拡張プロジェクト(年間生産能力380万トン)、米企業が主体となった米国・エルバ島プロジェクト(同250万トン)の2件にとどまる 。また、17年はモザンビークでイタリア企業などが開発を進めるコーラルFLNGプロジェクト(同340万トン)の1件のみとなっている。

     一方、世界の需要は現状の年間約2.9億トンから20年までに約30%増加し、同約3.6億トンに迫ると見込まれている。特に、中国とインドの需要増加は著しく、従来のLNG輸出国であるマレーシアも輸入を始めるなど、アジアが世界のLNGの需要増加をけん引していくと見られる。アジアは経済成長に合わせて電力需要も伸びており、その燃料としてLNGが有力視されている。

    残り3197文字(全文3678文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事