週刊エコノミスト Onlineチャイナウオッチ 中国視窓

チャイナウオッチ 暗雲の米中 先端軍事技術の覇権争いに=金子秀敏

    習政権の国家戦略を担う企業なだけに、米国への対応が注目される Bloomberg
    習政権の国家戦略を担う企業なだけに、米国への対応が注目される Bloomberg

     中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長が12月1日に逮捕された事件は、米中対立が「貿易戦争」の枠を超え、先端軍事技術の覇権を争う「新冷戦」に突入したことの象徴だ。

     米中関係の混迷は、世界の株式市場を不安定にしたばかりではない。中国では10月に行われるはずの重要な政治会議、共産党中央委員会全体会議が遅れに遅れ、習近平・国家主席の独裁体制にかげりが出た。さらに、今回の逮捕劇で中国世論の反米感情が高まり今後、習政権の対米譲歩の余地はますます狭まった。

     孟副会長はアルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議の関連会議に出席後、ファーウェイ本社のある中国・深センに戻るため、カナダ・バンクーバーの飛行場で乗り継ぎ手続き中にカナダ司法当局に拘束された。米司法当局は身柄の引き渡しを要求。容疑は、イランに経済制裁違反の製品を輸出した事件にからむもので、8月から米司法当局が逮捕状を取って捜査を進めていた。

    残り1022文字(全文1447文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事