週刊エコノミスト Onlineチャイナウオッチ 中国視窓

中国の対日直接投資が急増 日本の技術革新に生かせるか=真家陽一

    寧徳時代新能源科技(CATL)の本社(中国・福建省)。横浜市にも拠点を作り、日本市場に触手を伸ばす(Bloomberg)
    寧徳時代新能源科技(CATL)の本社(中国・福建省)。横浜市にも拠点を作り、日本市場に触手を伸ばす(Bloomberg)

     中国の対日直接投資が急増している。日本の財務省によれば、2017年は1079億円で初めて1000億円を超え、過去最高となった。18年も第1~3四半期だけですでに前年同期比23.9%増の735億円に達しており、19年も増加基調が続くとみられる。

    ワールドウォッチ

     対日直接投資は、海外企業が日本企業の株式を10%以上取得したり、国内に子会社などを設立したりすることだが、その規模は国際的に見ると極めて小さい。

     国連貿易開発会議(UNCTAD)によると、17年末の海外から日本への直接投資残高は前年比8.9%増…

    残り1318文字(全文1571文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット