国際・政治ワールドウォッチ 中国視窓

チャイナウォッチ 下さぬ「途上国」の看板 反発する欧米=岸田英明

    所得水準は「先進国」(上海)
    所得水準は「先進国」(上海)

     中国はいまも「発展途上国」の看板を掲げ、国際的な貿易ルールを定める世界貿易機関(WTO)の規定で優遇を受けている。貿易自由化の義務などを免除・緩和する「特別かつ異なる待遇」の規定は、WTO改革の争点の一つにもなっている。習近平国家主席は「WTOの重要な礎であり、この原則は否定できない」と訴え、「途上国」としての特別扱いを維持したい考えだ。

     一方、米国や欧州は「中国の特別扱いを認めない」というメッセージを強めている。米国は、中国に「不公正…

    残り1245文字(全文1466文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月29日号

    負けない投資信託201916 相関低い資産を組み合わせ 「リスク管理型」も選択肢 ■篠田 尚子好成績投信2社に聞く「顧客本位」の本質20 インタビュー コモンズ投信社長 伊井 哲朗 「長期運用にコミット、とにかく情報開示」21        セゾン投信社長 中野 晴啓 「『買って持ち続ける』ため直販 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット