経済・企業平成経済30年史

消費税の呪縛 変わる「政策目的」に消費翻弄=星野卓也

     平成の30年間、消費税は日本経済を大きく揺るがしてきた。数字を見ても、3度の消費税は日本経済に大きなショックをもたらしてきたことがわかる。1989年から2018年7~9月期までの119四半期のうち、個人消費が年率マイナス5%を超える落ち込みを記録した時期は6度ある(図1)。1度目は3%の消費税が導入された1989年4~6月期だ。2度目はこれが5%に引き上げられた97年4~6月期である。

     その後、リーマン・ショック直後の2008年10~12月期、エコカー減税効果やたばこ税増税前の駆け込みの反動減がみられた10年10~12月期、東日本大震災により自粛ムードが広がった11年1~3月期がある。そして、消費税率が5%から8%へ引き上げられた14年4~6月期である。3度の消費税導入・税率引き上げは、平成30年間の個人消費に大きなショックを与えたイベントに名を連ねている。

    残り1998文字(全文2383文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事