経済・企業平成経済30年史

日銀と独立性 大量の国債購入で財政規律緩む=山本謙三

     日銀にとってこの30年間は、政府からの「独立性」を巡って揺れ動いた時代だったと言えよう。中でも、大きな転機となったのが、中央銀行としての独立性の強化と透明性の確保を狙いとした新日本銀行法の施行(1998年4月)である。しかし今、「デフレ脱却」を掲げる政府との協調の下、日銀は国債保有を未曽有の規模へと拡大し続ける。中銀にとって禁じ手である「財政ファイナンス」(財政赤字の穴埋め)の懸念とともに、独立性は次の時代へ大きな課題を積み残した。

     日銀法改正のきっかけは、80~90年代のバブルの発生と崩壊にあった。バブルの発生は複合的な要因によるが、長期にわたる金融緩和も一因だった。もともと旧法は、戦時下の42年に骨格が定められた国家統制色の強いものだった。旧法下での日銀の独立性の弱さが、緩和解除の遅れにどれほど影響したかは定かでないが、政府の中に緩和継続を求める声があったのは事実である。同時に、中銀の独立性の強化を図る世界的な潮流もあり…

    残り2168文字(全文2587文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事