経済・企業平成経済30年史

平成経済事件簿 検察の「市場対応」道半ば=村山治

     年号が平成に変わって1カ月あまりの1989年2月13日、東京地検特捜部は、就職情報大手「リクルート」創業者で前会長の江副浩正を、NTTの元役員2人に対する贈賄容疑で逮捕した。

     バブルで株価が瞬く間に上昇した昭和末期、江副はグループ企業のリクルートコスモスの未公開株を、政官財の要人に広くばらまいていた。未公開株の譲渡自体は違法ではないが、要人たちは公開時に株を売却して千万円単位の利益を上げていた。

     朝日新聞が88年6月から調査報道で事実の一端を暴くと、未公開株を入手できない庶民から「不公平だ」「ぬれ手であわ」との批判が沸騰した。検察は世論に背中を押されて重い腰を上げ、職務権限のある政治家と官僚に絞って摘発に踏み切った。

    残り2840文字(全文3153文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット