【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online闘論席

天皇は神か、人間か=片山杜秀

 超国家主義に支配された異常な国家。アメリカが第二次世界大戦時の日本に貼ったレッテルである。日本軍は体当たり攻撃を行う。一般国民までもが、降伏せずに死を選ぶ。どこの国にもナショナリズムはあるが、日本のそれは度を超えている。

 なぜそうなるのか。日本人は自ら進んで死ぬときに「天皇陛下万歳!」と叫ぶ。天皇のための死を誇りとする宗教を奉じているのではないか。天皇こそが日本のナショナリズムを欧米よりも極端にする原因だろう。アメリカの認識だった。

 そこから、日本を民主化するには天皇を除去すべきという意見が出る。昭和天皇は反撃した。敗戦翌年の元日に「人間宣言」を出した。天皇は神でなくあくまで人間と述べた。それで潮目が変わった。超国家主義化した原因は天皇よりも軍のせい。天皇は戦後に生き残った。

残り411文字(全文754文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事