教養・歴史闘論席

文明の反転が始まる=小林よしのり

     日本もついに移民受け入れにかじを切った。グローバリズムの流れの中で自民党は経済界の求めに応じたが、野党は決して「移民反対」とは言いはしない。むしろ移民の人権を考慮するばかりでリベラルの偽善を全開にしていた。「移民反対」を唱えれば、偏狭なナショナリズムで排外主義だと批判されることを、リベラル勢力は恐れる。

     ダグラス・マレー著『西洋の自死』を読んだが、移民は自分たちとは何のつながりもない社会の中で、固有の…

    残り560文字(全文763文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット