教養・歴史闘論席

文明の反転が始まる=小林よしのり

     日本もついに移民受け入れにかじを切った。グローバリズムの流れの中で自民党は経済界の求めに応じたが、野党は決して「移民反対」とは言いはしない。むしろ移民の人権を考慮するばかりでリベラルの偽善を全開にしていた。「移民反対」を唱えれば、偏狭なナショナリズムで排外主義だと批判されることを、リベラル勢力は恐れる。

     ダグラス・マレー著『西洋の自死』を読んだが、移民は自分たちとは何のつながりもない社会の中で、固有の…

    残り560文字(全文763文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット