週刊エコノミスト Online闘論席

小林よしのりの闘論席

    撮影 中村琢磨
    撮影 中村琢磨

     ジャーナリストの伊藤詩織さんが元TBS記者、山口敬之氏を訴えていた民事裁判で、東京地裁は山口氏が伊藤さんに対し「合意のないまま性行為に及んだ」と認めて330万円の損害賠償を命じる判決を下し、山口氏の反訴を棄却。伊藤さんの全面勝訴となった。山口氏は地裁判決を不服として控訴した。

     あきれたのは山口氏が地裁判決後の記者会見で、性暴力被害者から聞いた話として、「本当に性被害にあった人は、記者会見の場で笑ったり、上を見たり、テレビに出演して、あのような表情をすることは絶対ない」と言ったことだ。本当の性暴力被害者は笑うこともできず、泣き寝入りするものだと言いたいらしいが、耳を疑うような暴言である。

     これは事件の当事者はもちろん、第三者でも決して言ってはいけない言葉であり、それを平気で口にするとこ…

    残り456文字(全文803文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット