経済・企業2019年の経営者

スマホ決済サービス「PayB」で勝負 江田敏彦=ビリングシステム社長 編集長インタビュー/938

    江田敏彦 ビリングシステム社長
    江田敏彦 ビリングシステム社長

    Interviewer 藤枝克治(本誌編集長)

    江田 主力の事業は企業の仕入れや販売における収納代行(決済代行)です。例えば、当社が得意とする自動車の自賠責保険料の回収では、従来は修理工場やディーラーが保険料を集めて、契約者情報とあわせて1週間程度分をまとめて保険会社に送り、これを受け取った保険会社は金額と支払い明細の照らし合わせを人海戦術で行っていました。当社のサービスを使えば、保険料の収納と契約者の情報をシステムで一括管理できるので、効率化でき、コストも人員も削減できます。自賠責保険を扱っているすべての保険会社と提携していて、シェアは100%です。

    江田 公共料金の支払い代行や中小企業向けの送金サポートなど複数ありますが、高い市場シェアを持っている事業としては、証券会社向けのリアルタイム入金サービスがあります。株式売買や為替取引で投資家が証券会社の口座に入金する際、売買金額が確定したら、自分の銀行口座を指定して暗証番号を入力すると決済が完了するシステムです。国内のほぼすべての証券会社やFX(外国為替証拠金取引)が導入していますが、利用者が当社の社名を目にする機会はないので、日々利用していても当社のことは知らないという人が多いと思います。

     この保険料の収納代行と証券・為替のリアルタイム入金で売り上げの7割以上を占めています。

    残り1723文字(全文2293文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット