週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

苦境だけではない百貨店 「体験する空間」で反撃=小林知代

     年末のニューヨークは、各百貨店がクリスマスデコレーションで趣向を凝らし、街全体が別世界に変身する。筆者も毎年ではないが、この季節、買い物の用事が無くても、街の雰囲気を感じるためにニューヨークへ出かける。

     そんな冬のニューヨークを演出してきた名門百貨店『ロード&テイラー』が、5番街の旗艦店(1914年開店)を2019年1月に閉鎖すると報じられた。からくり人形やミニチュアトレインなど、同店舗のクリスマスのウインドー・デコレーションを楽しんできたニューヨーカーはさぞかし悲しんだに違いない。筆者にとっても同店舗は、近寄りがたい高級感をまとい、親しい人への贈り物や自分へのご褒美を買う特別な場所だった。同百貨店は、ネットショップにかじを切り、再生を狙う。

     米国内では、百貨店の苦境が指摘されて久しい。シカゴに本社を構える老舗の『シアーズ』も18年秋に経営不振で破産申請した。格付け会社『S&Pグローバル・レーティング』によると、米国の小売業の倒産や債務不履行は17年、金融危機(08年)の記録的なレベルを大幅に超え、18年はさらにそれを上回るペースだと予測している。実店舗ビジネスにウォール・ストリートの投資家からの風当たりも強い。

    残り942文字(全文1461文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事