経済・企業海外企業を買う

ゾエティス 世界最大手の動物薬メーカー=永井知美/222

ゾエティスのCEOを務めるホアン・ラモン・アレクス氏(Bloomberg)
ゾエティスのCEOを務めるホアン・ラモン・アレクス氏(Bloomberg)

 ◆Zoetis

 米ゾエティスは、2013年に医薬品メーカー、米ファイザーからアニマルヘルス部門が独立・上場して誕生した企業で、家畜(牛・豚・家禽(かきん)・魚など)、ペット(犬・猫など)向け医薬品売上高で世界首位(17年、独統計ポータルサイト「Statista」などによる)だ。ファイザー時代から数えると、70年近い歴史を持つ老舗で、動物用感染症治療薬、ワクチン、駆虫薬、飼料添加剤、検査機器など、約300にのぼる幅広い製品を100カ国超で展開している。

 世界の動物薬市場は、ヒトの医薬品市場に比べると約3%(約320億ドル)の規模しかなく(17年)、同社の売上高純利益率も16%(17年12月期)と、古巣ファイザーの同41%に比べると低い。だが、ヒトの医薬品市場では高血圧、脂質異常症、糖尿病など、生活習慣病の大型新薬の特許が相次いで切れ、業績悪化が懸念される企業が少なくないのに対して、アニマルヘルス分野は、(1)世界的な人口増加、新興国を中心とする…

残り2919文字(全文3347文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事