投資・運用海外企業を買う

マコーミック 世界最大級のスパイスメーカー=小田切尚登 海外企業を買う/221 

多種多様なスパイスがそろうマコーミックの商品
多種多様なスパイスがそろうマコーミックの商品

 ◆McCormick

 米国を代表する食品メーカー、マコーミックはスパイスの生産、販売、流通、すべての面で、世界のリーディングカンパニーだ。

 ここでいうスパイスとは、ペッパーやハーブ、エッセンスなどの香辛料・香味料に加えて、それらの各種調味料を混ぜて作った食材全般を指す。現在、約215億ドル(約2.4兆円。米P&Sインテリジェンス調査)というスパイスの世界市場は、順調に拡大している。(1)食習慣のグローバル化によって欧米でもスパイスをたくさん使ったエスニック料理が一般化している、(2)健康志向の流れの中でスパイスやハーブの薬効や塩分代替性が注目されている、(3)外食やデリバリーの食品はスパイスを多用する──などがその理由だ。

 スパイス業界は比較的小さい会社が乱立している業界だが、マコーミックはその中で強固な地位を確立している。世界シェアは約2割で、競合企業の4倍近い。マコーミックは自社を「フレーバー(風味)のグローバル・リーダー」と称する。マコーミックのほか、ロウリーズやフレンチズなど、同社のブランドは欧米で広く知られている。

残り2854文字(全文3324文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事