投資・運用海外企業を買う

ダナハー M&Aで成長する科学機器製造=児玉万里子/219

    巧みな企業買収で事業拡大を図るダナハーのホームページ
    巧みな企業買収で事業拡大を図るダナハーのホームページ

     ◆Danaher

     ダナハーは、米国の科学技術分野の大手機器メーカーである。2016年に一部事業をスピンオフ(分離独立)させるまでの売り上げや利益の成長は極めて高かった。例えば、01年から14年までに売り上げは5倍、純利益は9倍に膨らんだ。この間、最高経営責任者(CEO)として同社を率いたローレンス・カルプ氏が、今年10月に経営立て直し中の米ゼネラル・エレクトリックのCEOに初めて生え抜き以外から登用され、話題になっている。

     同社のスタートは、1969年にレイルズ兄弟が米マサチューセッツ州に設立した不動産投資会社DMGだ。もともとはメーカーではなかった。社名をダナハーに変えたのは84年。今日の事業に直接つながるのは、86年に業績が悪化していたメーカー、米シカゴ・ニューマティックを買収したことにある。電動工具、産業機器、ブレーキなどを作る会社だったが、トヨタ流の品質管理、「カイゼン」の手法を取り入れて、その後会社を立て…

    残り2967文字(全文3381文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット