投資・運用海外企業を買う

DSW 北米屈指の靴小売りチェーン=岩田太郎 海外企業を買う/218 

    ブラックフライデー(米国で始まった11月の大型セール)時のDSWホームページ
    ブラックフライデー(米国で始まった11月の大型セール)時のDSWホームページ

     DSWは、ファッション性の高いシューズをディスカウント価格で提供する北米最大級の靴のチェーンストアだ。1969年に米オハイオ州で創業。「デザイナーシュー・ウエアハウス」の頭文字を社名にした現行の店舗コンセプトによる最初の店をオープンしたのは91年のことだ。

     現在、全米に展開する「デザイナーシュー・ウエアハウス」を中心に、カナダで「タウンシューズ」とその傘下の「シューカンパニー」「シューウエアハウス」を展開している。

     DSWは主に若い女性をターゲットに、流行の最先端をいく品質の良い有名ブランドの靴を、平均2000平方メートル(床面積)の大型店舗で豊富にそろえ、お手ごろな価格で販売するのが特徴だ。限られた売り場で高額の商品を販売する百貨店とは、その点が違う。2018年1月期の売り上げの69%は女性靴、22%が男性靴、ハンドバッグなどアクセサリーやその他が9%だった。

     靴棚のすぐ横にファッション性の高いバッグやジュエリーを並べる、しゃれた商品展開などが当たって急成長を遂げ、現在、DSWは全米44州に515の直営店舗を構える。ネット通販を実店舗と組み合わせる「オムニチャンネル」の手法をライバルに先駆けていち早く採用、実店舗で欠品しているサイズの商品を自宅配送で受け取れるサービスをはじめ、顧客ニーズにきめ細かく対応する姿勢が支持を集めている。

    残り2726文字(全文3302文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット