国際・政治論壇・論調

論壇・論調 米国で「ギグエコノミー」急拡大 本業の低賃金が休みない労働へ=岩田太郎

    ウーバーの配信アプリ
    ウーバーの配信アプリ

     米国で失業率が歴史的低水準に下がる一方で、賃金の上昇は弱い。そうした中、苦しい家計を助けるために単発で仕事を請け負う「ギグエコノミー」が広がりを見せている。

     労働経済学者であるハーバード大学のローレンス・カッツ教授とプリンストン大学のアラン・クルーガー教授の研究では、2005年に米国の労働人口の10・7%であった「非典型就業形態」であるギグエコノミー労働者の割合が、15年には15・8%に増加した。

     ギグエコノミーに関する著書を8月に出版した、コーネル大学のルイス・ハイマン教授は8月23日付のニュースサイト「スレート」のインタビューで、「一時雇いの形態は、企業の収益が低迷を始めた1960年代後半から徐々に拡大したが、正規雇用が普通であった当時は奇異に見えた。だが、現在はごく自然なものだ」と、歴史的背景を解説した。

    残り1092文字(全文1453文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット