週刊エコノミスト Online論壇・論調

論壇・論調 極右勢力の暴動で独の閣内対立 左派「ファシズムの手口」と攻撃=熊谷徹

    暴動を正当化したAfDのガウラント党首
    暴動を正当化したAfDのガウラント党首

    8月26日に旧東独のケムニッツでシリア難民がドイツ人を刺殺した事件をきっかけに、ネオナチら約6000人が抗議デモを実施。一部のデモ参加者が暴徒化し路上で外国人を追い回して約20人を負傷させたり公衆の面前でナチス式の敬礼を行ったりした。

     ドイツの日刊紙『ヴェルト』は8月29日付の電子版に右翼政党「ドイツのための選択肢(AfD)」のA・ガウラント党首とのインタビューを掲載。同党首は「ドイツ人が難民に殺された事件の後に、市民の怒りが爆発するのは当然だ」と述べた。またAfDのある議員がツイッターで「政府が市民を守れないのならば、人々が路上へ出て自衛するのは当たり前のこと」と発言したことについても、同党首は「彼は正当防衛について語ったのであり、市民が犯罪者を自分の手で処罰せよと言ったわけではない」として擁護した。

     だが同紙の9月29日付の電子版は「8月27日の夜に覆面を付けたネオナチ約10人がケムニッツのユダヤ料理のレストランに石や鉄パイプを投げつけて窓ガラスを壊し、店主に軽傷を負わせた。暴徒は『ユダヤ人の豚はドイツから出ていけ』と叫んでおり、検察庁はユダヤ人を標的とした襲撃事件として捜査している」と伝えており、「市民の正当防衛」として片づけられる事態でないことは明白だ。

    残り923文字(全文1462文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット