国際・政治ワールドウオッチ

米国政治の混乱はリーマン・ショック後遺症か=岩田太郎

    批判を受けるポールソン(右)、ガイトナーの両元財務長官
    批判を受けるポールソン(右)、ガイトナーの両元財務長官

     米国で大手投資銀行のリーマン・ブラザーズの破綻に端を発した世界金融危機から10年を迎え、米論壇では大物エコノミストの間で、「危機は本当に終わったのか」などが論じられている。

     ハーバード大学のケネス・ロゴフ教授は9月15日の米経済専門局CNBCの番組で、「米国における金融危機は終わった」と断言した。ロゴフ氏はさらに、「銀行の経営者たちが何ら重い罰を受けなかったことは禍根を残した。もし処罰されていれば、危機の後のポピュリズム(大衆迎合主義)の台頭は弱まっていただろう」と述べ、金融危機の後遺症として政治の混乱がもたらされたとの見方を示した。

     また、ロゴフ教授は、「金融危機の後には経験則として政治的な分裂が悪化する。今の米国がそのような状況…

    残り1133文字(全文1454文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット