国際・政治論壇・論調

論壇・論調 大統領が自賛する強い米経済 政策の効果か成長の前借りか=岩田太郎

    今後成長は減速?(トランプ大統領)
    今後成長は減速?(トランプ大統領)

     トランプ米大統領は8月6日、「米経済や雇用は史上最高の状態にある」とツイートした。ここ数カ月、大統領が繰り返し自画自賛する「トランプ経済」の成績の可否をめぐり、論争が交わされている。

     民主党員であるローレンス・サマーズ元米財務長官は8月6日付の『ワシントン・ポスト』紙で、「トランプ大統領は米経済の強さについて、日ごろから自分の手柄だと誇っている。4~6月期の前年同期比4・1%という急成長、力強い株式市場、4%を下回った失業率などを、11月の中間選挙に向け喧伝(けんでん)していくだろう」と、経済の好調さを認めた。

     その上でサマーズ氏は、「大統領が強い経済を実現したのではなく、強い経済が大統領の追い風になっている。米経済の堅調さは経済政策ではなく、世界経済の好調に支えられたものだ」との懐疑的な見方を示した。

    残り1111文字(全文1468文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット