国際・政治論壇・論調

論壇・論調 中国のアフリカへの支援表明 欧米から「新植民地主義」批判=坂東賢治

    目の前でアフリカを奪う?(トランプ氏〈右〉と習氏)(Bloomberg)
    目の前でアフリカを奪う?(トランプ氏〈右〉と習氏)(Bloomberg)

     3年ぶりの中国アフリカ協力フォーラム首脳会議が9月初め、北京で開かれた。約50カ国のアフリカ諸国首脳が一堂に会する場で北京での開催は2006年以来12年ぶり。中国にとって今年、最重要の外交行事の一つだった。中国共産党機関紙『人民日報』は9月3日の評論員論文で、00年のフォーラム設立以来の18年で「貿易総額は17倍、投資は100倍以上に増加した」と協力進展を評価したが、欧米からはそのスピードや規模に警戒感が高まっている。

     英紙『テレグラフ』(9月3日)は習近平国家主席がアフリカに総額600億ドル(約6兆6000億円)の支援を表明したことについて「新植民地主義の懸念を高めた」との見出しで報じた。アフリカ投資に詳しい米国人コンサルタント、グラント・ハリス氏は米誌『タイム』(8月30日号)への寄稿で「アフリカの国々は北京が注意深くしかけた『債務のワナ』に陥りつつある」と警鐘を鳴らした。

    残り1051文字(全文1446文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット