教養・歴史ワイドインタビュー問答有用

東京は今、世界一の都市だ=ロバート・ホワイティング 作家・ジャーナリスト/728

     プロ野球や裏社会などを題材に日本を書き続けたロバート・ホワイティングさん。日米文化の違いを視座に、時に辛辣な批評を繰り出してきたホワイティングさんは、「東京はまったく別物に生まれ変わった」と感嘆する。米国人作家の目に映った時代の変遷とは──。

    (聞き手=浜田健太郎・編集部)

    ── 昨年9月刊行の最新著『ふたつのオリンピック 東京1964/2020』は、二つの五輪に挟まれた東京の半世紀を、自身の体験をベースにつづったノンフィクションです。どのような動機でこの本を書いたのですか。

    ホワイティング 半世紀余り、東京で過ごして経験したことは、私に大きな成長をもたらしました。と同時に、東京は歴史上まれにみる都市の変貌を遂げたのです。外国人として東京に住み、その間に起きたさまざまな出来事を目撃した人物はほかにいないでしょうし、それを活字に残したいと思うようになりました。私も70歳代に入り、いま書かなければ、誰もこの経験を世の中に残すことはできないと考えました。

    残り4884文字(全文5312文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット