週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

シリコンバレー EVの高速地下交通網 実現性にいぶかる声も=中島和宏

     テスラ社のイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)は2018年12月、米ロサンゼルス南西部ホーソン市に新たに建設した地下トンネルを公開した。

     トンネルは全長2キロ弱の試験線で、同氏が16年に創立した掘削会社が工事を手掛けた。自動運転機能による電気自動車(EV)が最高時速240キロで走行でき、公開では招待した著名人やジャーナリストらをテスラ車に乗せ、最高速度約80キロでテスト走行した。

     同氏は将来的にロサンゼルス地域全体に高速地下交通網を張り巡らせるという壮大な構想を描いており、ロサンゼルス地域の慢性的な交通渋滞の緩和を目指すという。計画の具体的な予定は明示されていないが、カリフォルニア州内の他の地域でも同様の計画は始まっている。トンネルを利用する同氏の別の交通機関構想「カリフォルニア縦断ハイパーループ超高速弾丸列車構想」と合わせて、夢のようなプロジェクトだ。

    残り200文字(全文585文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事