週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

アルゼンチン 国内通貨の下落で観光産業が活況に=高橋栞里

     海外からアルゼンチンにやってくる旅行客が増えている。首都ブエノスアイレスの街角にはカメラを持った外国人の姿が目立つようになり、レストランなどでスペイン語以外での会話を耳にする機会も多くなった。アルゼンチン国家統計センサス局(INDEC)の統計によれば、2018年1月から10月にかけて空路でアルゼンチンに来た旅行客数は、通貨ペソの下落の影響から、前年同期比6・2%増の220万人を記録した。

     他方、通貨下落とインフレによる物価の上昇は、現地住民の夏季休暇(18年12月から19年2月)の過ごし方に影響を与えている。国内の宿泊ポータルサイト「アルキレル・アルヘンティーナ」のアンケート調査によると、回答者の約9割が休暇を国内で過ごすと答えた。また、旅行を予定している回答者も、旅先や宿泊日数の変更を検討している人が目立つ結果となっている。移動には車や格安航空会社を利用し、宿泊は中心部から離れ…

    残り214文字(全文610文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事