投資・運用負けない投資信託2019

インタビュー 好成績投信2社に聞く「顧客本位」の本質 中野晴啓・セゾン投信社長

    中野晴啓 セゾン投信社長
    中野晴啓 セゾン投信社長

     金融庁が開示を求めた共通の成果指標(KPI)=25ページ参照=で、含み益の顧客の比率が高い投信会社2社にその投資哲学を聞いた。

    (聞き手=村田晋一郎/下桐実雅子・編集部)

    ── 業界の状況をどう見るか。

    ■金融庁は顧客本位の業務運営を求めているが、その重要性や本質的な意義を理解したうえで、実践していこうという会社は多くない。毎月分配型ファンドを一切売らないという銀行もあるが、本音は「金融庁が顧客本位でないと言ったから」だろう。業界全体の取り組みはいまだ表層的というのが、率直な2018年の総括だ。

    残り1300文字(全文1548文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月14日号

    コロナ不況 残る会計士 消える税理士14 大量リストラの再来も 高まる“キャリア不安” ■岡田 英/浜田 健太郎17 監査法人の交代 トーマツ、監査先の選別が鮮明 ■伊藤 歩18 「決算」で見る監査法人 「東芝粉飾」の新日本は後退 ■伊藤 歩23 不正会計「摘発」 粉飾発見ソフトにAI搭載 ■細野  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット