経済・企業地銀に負けない信金・信組

静岡・三重の決断の裏側 まだ続く合併・再編=大澤昌弘

     信用金庫の合併による再編が続いている。1月21日には浜松信金と磐田信金(いずれも静岡県)が合併して「浜松いわた信金」となったほか、2月には桑名信金と三重信金(いずれも三重県)が合併する。また、6月には島田信金と掛川信金(いずれも静岡県)が、7月には静岡信金と焼津信金(同)も合併を控える。背景には地域の衰退といった要因ばかりでなく、もっと込み入った事情もありそうだ。

     信金の合併は現在も、ほぼ毎年のように全国のどこかで起きている。平成に入って最も件数が多かったのは2000~03年度で、毎年度10件を超す合併が続いていた。その後、徐々に件数自体は減っていったものの、再編が止まる気配はない。18年1月には北海道で、札幌信金、小樽信金、北海信金が合併して「北海道信金」が誕生したほか、同月には宮崎県で宮崎信金と都城信金が合併し、「宮崎都城信金」として発足した。

    残り2509文字(全文2889文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事