経済・企業地銀に負けない信金・信組

市場運用 中長期の視点で資産配分を=三浦哲也

     信金・信組の市場運用は地方銀行と比較してリスクを積極的に取りにいく度合いが強いように思われる。その背景には、相対的に高い資金調達原価とインカムゲイン重視の姿勢、預貸率の低下傾向──の3点があると考えられる。

     信金・信組は地方銀行と比較して市場調達の度合いがどうしても低くなることから資金調達原価は相対的に高く、それをカバーすべく市場運用においては絶対利回り水準の高さを重視する傾向が強い。

    残り2581文字(全文2776文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事