教養・歴史話題の本

『なぜ人と人は支え合うのか』『MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ』『穏(おだ)やかな死のために』『一切なりゆき』

    『なぜ人と人は支え合うのか』 渡辺一史著 ちくまプリマー新書 880円

     ヘイトスピーチがはびこる現代社会。同時に障害者に侮蔑的な言葉を吐く人も少なくなく、2016年にはあの痛ましい相模原市の障害者殺傷事件が起きてしまった。障害者とのボランティア交流を描いた前著『こんな夜更けにバナナかよ』から実に15年の歳月を経て、著者は今度は、障害者を考えることは健常者を考えることであり、そもそも人と人はなぜ支え合うのか、という根本を突き詰めていく。善意や美談では済まない、人間の本質に深く迫る一冊だ。(K)

    残り764文字(全文1012文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット