週刊エコノミスト Online論壇・論調

論壇・論調 習氏が初の包括的台湾政策 米の「六つの保証」に警戒感=坂東賢治

    米中覇権争いが中台関係にも影を落とす(台湾の蔡英文総統) Bloomberg
    米中覇権争いが中台関係にも影を落とす(台湾の蔡英文総統) Bloomberg

     1979年元日、中国は米国との国交正常化を実現し、台湾への平和攻勢に出た。「台湾同胞に告げる書」を発表し、平和統一を呼びかけるとともに金門島への砲撃も中止したのだ。

     それから40年。1月2日の記念式典で習近平国家主席が(1)平和統一の実現(2)1国2制度の台湾方式の模索(3)「一つの中国」の堅持(4)共同市場構築など融合推進(5)交流拡大と相互理解の増大──という5点の新台湾政策を発表した。中国の歴代指導者はトウ小平氏が打ち出した「1国2制度」を基本に江沢民氏の「江8点」、胡錦濤氏の「胡6点」など独自の台湾政策を打ち出してきた。習氏にとっては今回の「習5点」が台湾政策に関する初の包括的提案だった。

    『人民日報』(1月3日)は「祖国の平和的統一プロセスを推進する重大表明」と位置づけた。香港紙『明報』…

    残り1100文字(全文1453文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月30・5月7日合併号

    7月施行 使いこなす!相続法&税16 大きく変わる相続のカタチ 自宅贈与は税金にも注意 ■加藤 結花/下桐 実雅子相続法編18 もめる遺言、もめない遺言 自筆証書は「遺留分」の考慮を ■小堀 球美子21 使い込みトラブル 4パターン解説 で対処 ■大神 深雪23 いらない“負”動産 国庫帰属させる相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット