国際・政治グローバルマネー

自由主義に背を向ける韓国経済に暗雲

     日本と韓国の対立が先鋭化している。昨秋以降、韓国最高裁による日本企業への賠償命令や慰安婦財団の解散、レーダー照射問題などが重なり、国民感情が急速に冷え込んでいる。日韓の摩擦でいつもは尻込みする日本が、態度を硬化させていることは、貿易交渉でにらみ合う米中冷戦と深い関係がある。

     日本はこれまで、理と情の両面で韓国を援助してきた。合理的な面としては「反共産主義の防波堤として」である。ロシア・中国・北朝鮮に対して陸続きとなっている韓国は、東西対立の最前線であった。米国は自由主義の優越性を誇示するために韓国を発展させ、共産主義がアジアに広がるのを防ごうとした。竹島を奪われたにもかかわらず日韓条約で日本が韓国に巨額の援助を与えたことは、米国の意向もあったことだろう。

     また、日米貿易摩擦が激化した時代には、「貿易黒字の迂回(うかい)手段」として韓国や中国への産業移転が行われた。日本企業は完成品で譲歩し、素材や部品などの裏方に徹することで目立つことを避けたのである。これは中国や韓国にとってもうれしい話だった。

    残り651文字(全文1105文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月26日号

    もう会社に頼らない FIRE資産形成術16 「不安な時代」を生き抜く 経済的独立&早期リタイア ■種市 房子18 あなたはどのタイプ? 完全リタイアも副収入も 詳細解説FIRE4パターン ■横谷 聡 フルFIRE/倹約型FIRE/サイドFIRE/スローFIRE21 目指せ1億円!? FIREへの資産 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事