週刊エコノミスト Online東奔政走

参院選「与党改選過半数」止まりなら、安倍1強は求心力低下で終幕か=前田浩智

    安倍政権は「毎月勤労統計」の調査不正問題で揺れている(2019年2月1日)
    安倍政権は「毎月勤労統計」の調査不正問題で揺れている(2019年2月1日)

     2019年も明けて1カ月が過ぎた。国会召集が1月28日と例年よりも遅く、長い冬眠状態が続いた反動なのか、政界関係者に会うと、「どうなる19年」「どうなる参院選」「どうなる安倍政権」──に話題が集中する。動きが見えにくくても、断片的な情報を手がかりに底流の動きを推し量り、先読みにエネルギーを注ぐ。永田町はそうした面々が多い。本稿では、そんな先読みのいくつかを紹介する。

     まずは、夏の参院選の行方から。これが話題にならない方が珍しい。第1次安倍政権は12年前の07年参院選で惨敗し、安倍晋三首相は同年9月、体調不良を理由に退陣したからである(棒線以下の質問は筆者、カギカッコ内の答えは主に自民党の幹部、閣僚経験者ら。テーマにより筆者の判断で合成した)。

    残り2140文字(全文2466文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット