国際・政治東奔政走

統計不正で「消えた給付金」 参院選左右した年金問題と相似=佐藤千矢子

     通常国会が1月28日に召集され、6月26日まで150日間の会期がスタートした。

     今年は、4月に統一地方選、4月30日に天皇陛下の退位と5月1日に新天皇の即位、6月28、29両日に大阪で主要20カ国・地域(G20)首脳会議があり、7月4日公示・21日投開票が有力な参院選がある。

     参院選が行われる年は、国会は延長しにくいため、提出法案も絞り気味の傾向がある。今国会の政府提出法案は58本。予算案を除いて、いわゆる重要法案とされるものはほとんどない。

     昨年12月10日に臨時国会が閉会した頃までは、2019年の通常国会について「無風国会」を予想する声が多かった。しかし、昨年末、厚生労働省が公表する「毎月勤労統計」が不正に調査されていた問題が発覚した。状況は一変し、この問題がどこまで拡大するかが、参院選政局に直結しそうな雲行きだ。

    残り2088文字(全文2453文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット