テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

究極のエコカーは「太陽光」で走る 自動車の電動化で大きな商機=松永新吾/25

    太陽電池(PV)パネルを搭載したプリウスPHV(写真は「スマートコミュニティジャパン2016」の会場で筆者撮影)
    太陽電池(PV)パネルを搭載したプリウスPHV(写真は「スマートコミュニティジャパン2016」の会場で筆者撮影)

    自動車の電動化で大きな商機

     自動車の歴史が大きく変わろうとしている。フランスが2040年までにガソリン車、ディーゼル車の販売を終了する方針を打ち出し、英国も40年までにガソリン車、ディーゼル車の販売を全面的に廃止すると発表した。

     世界最大の自動車市場となった中国も電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)などの新エネルギー車(NEV)、いわゆるエコカーの販売義務を強化する方針を打ち出している。100年以上続いたガソリンエンジンの歴史がすぐに終わるわけではないが、脱ガソリン車の流れが逆行することはないだろう。

     なぜ各国が自動車の電動化を推進するのか。それは、地球温暖化の原因となっている二酸化炭素の排出を抑制…

    残り3365文字(全文3688文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月5日号

    大変調 企業決算22 牙むく「トランプ砲」 標的は自動車と為替 ■浜田 健太郎24 注目セクター 1 自動車 米中2大市場の減速、固定費増、日米貿易摩擦の三重苦 ■遠藤 功治26        2 エレクトロニクス 半導体「超好況」終息、調整局面へ ■石野 雅彦28        3 機械 下方修正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット