テクノロジー図解で見る電子デバイスの今

究極のエコカーは「太陽光」で走る 自動車の電動化で大きな商機=松永新吾/25

太陽電池(PV)パネルを搭載したプリウスPHV(写真は「スマートコミュニティジャパン2016」の会場で筆者撮影)
太陽電池(PV)パネルを搭載したプリウスPHV(写真は「スマートコミュニティジャパン2016」の会場で筆者撮影)

自動車の電動化で大きな商機

 自動車の歴史が大きく変わろうとしている。フランスが2040年までにガソリン車、ディーゼル車の販売を終了する方針を打ち出し、英国も40年までにガソリン車、ディーゼル車の販売を全面的に廃止すると発表した。

 世界最大の自動車市場となった中国も電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)などの新エネルギー車(NEV)、いわゆるエコカーの販売義務を強化する方針を打ち出している。100年以上続いたガソリンエンジンの歴史がすぐに終わるわけではないが、脱ガソリン車の流れが逆行することはないだろう。

 なぜ各国が自動車の電動化を推進するのか。それは、地球温暖化の原因となっている二酸化炭素の排出を抑制するためだ。16年に発効したパリ協定(20年以降の温室効果ガス排出削減のための新たな国際的な枠組み)においても、自動車部門での二酸化炭素排出削減が求められている。

残り3284文字(全文3688文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事